ハト駆除は違法なので注意 - 注目の野良猫撃退方法である超音波の使用

注目の野良猫撃退方法である超音波の使用

  • ハト駆除は違法なので注意

    • ハトは糞に病原菌が高確率で含まれているので家に来るようになったら対策をしたいと考えるものですが、動物愛護法で守られているので無許可でハト駆除を行うと違法となり、1年以下の懲役か100万円以下の罰金が科せられる場合があります。

      そのため、対策としてはハト駆除ではなく追い払って家に来ないようにするしかありません。この追い払うという行為にも注意が必要であり、ハト駆除でなければ何をしても良いわけではなく、過度の威嚇も違法となります。



      ベランダにいるハトに近づくだけなら問題ありませんが、ホウキで叩いた場合には実際には接触していなくても処罰の対象になるため、安易な行動は避けましょう。


      ハトは何もないところには来ないためベランダなどを掃除しておき、物もおかずにハトが風雨から隠れられる場所を作らないようにするのが良いです。



      特に糞が残っていると安全な場所だと判断されてしまうので、見つけたらすぐに掃除します。

      対策としてハトが来る場所に剣山状のものを置く方法もあり、直接危害を加える行為ではないので法律上も問題ありませんが、自分たちが接触して負傷する恐れもあるので注意が必要です。

      口コミなどで挙げられている対策の中には住民にも危険の及ぶものがあるため、それも考慮して適切な方法を選びましょう。
      何をしても効果が得られない場合には専門家に依頼すれば対処してもらえるだけでなく、ハトが来ない状態を維持するための方法も教えてもらえます。